--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.01.17

1/17 午前の部



 帝国劇場へ行って来ました。

 もちろん、SHOCKを見るためです。





 やっぱり、ホントに、もう、光一さんはEndlessSHOCKが大好きなんだなぁ・・・・

 その光一さんが大好きなものに触れることが出来て・・・・幸せだなぁ。

 と思いました。



 以下、感想です。





 ■トウマ

  ツバサ、リョウとはまた違った役者でした。それが一番はっきりとしていたのは多分リチャード3世ですね。あの足の引きずり方から本当にこの人の左足は動かないのではないか?と思わせるくらいでした。見た目の醜さ、そして悪党になりきっていました。

 ジャパネスクで、かなりぼろぼろになった感じの甲冑をつけていました。確かツバサのは綺麗だった・・・これもトウマという役的に変更したのかな?

 確かにコウイチが”優等生”ならトウマのノリはちょっと”不良”ちっくかも知れません。けれどそのノリの良さがカンパニーのムードメーカーのような存在だと、オフブロードウェイでの千秋楽のシーンでは感じました。誰よりも明るくその場を盛り上げようとしていたからなぁ。その活気は今までの二人にはあまり感じなかったかも。まぁそれがいいか悪いかは個人の感じ方ですよね。

 コウイチが冷静に引いて見ている分、トウマはかなり熱いヤツ!!ほとばしる何かが見えました。



 

 ■リカ

  この人普段からアニメのキャラみたいな喋り方なんだなぁ~~と思いましたが、でも正直私……好きです(笑)

  声優さんのお仕事をしたことがあるからか彼女はその特徴的な『声色』だけで”悲しみ”、”喜び”、そのほとんどを表現していた気がします。あのコウイチを刺すシーン、多分歴代リカの中で一番ぐさーーーっとくる演技してました。個人的にはね。

  今までのリカと違うコミカルな演技をするところもあったりで、ますます”妹”だ~~可愛い♪って。

  そんな彼女が一番可愛かったのはあそこです、ワールドアドベンチャーのチャイナ姿!!!

  うひゃぁ~~可愛い可愛いこの子ちょー可愛い!!!

  隣がアキヤマさんだったので、小ささが引き立ってました(笑)




 なんだか、今回の『リカ』は一番カンパニー内での立場がはっきりしていたなって思いました。

 メイサちゃんのリカはキレイどころで、コウイチに悲しいくらい片想いしてた。もしかしたら彼女の想いは意中の人と通じ合うんじゃないかってドキドキしながら見てました。

 2代目リカは見た目からも彼女というよりは妹だなぁ~~って感じだった。でも多分リカの扱いの中では一番コウイチと想いが通じ合っていたような気がした。

 そしてまりかちゃんのリカはコウイチを健気に想っている健康的な妹みたいな・・・・そんなイメージでした。もう完璧に一方通行な片想い。コウイチにその気なんて全然ナイ。

 私個人としてはラブ的な要素は見てみたいものの、コウイチの恋人は生涯演劇だろうし、今回のあからさまなくらいにリカにまるっきり興味がない感じの方がコウイチらしいよなと。




 ■MA

  今回出番増えたなぁ~~こいつら!!!それも結構重要なところで。めがねアキヤマは経営者だとめがねになるんですね~~そしてやっぱりこいつ!!マチダ!!!!!

 なんかもーーー凄かったよ。

 ショーゲキだったからどこが凄かったのかいちいち羅列しちゃうよ。



  千秋楽のシーン

 →コウイチの腰フリダンスに釘付け。

 →コウイチが飲んだシャンパングラスを嘗め回すように眺める。

 →コウイチが飲んだシャンパングラスをそっと自分のズボンのポケットにしのばせる。

 →リカはコウイチ一筋だからな

  オレもコウイチひとすじーーー!! 



  屋上のシーン

 →コウイチの隣にダッシュ!

 →「親愛なるアキヤマへ」

   やだーーアキヤマさんもてるーーー!!!

   これマチダには内緒な。



  ブロードウェイの街

 →コウイチと踊る見知らぬ女性に嫉妬!



  戻ってきたコウイチ

 →コウイチーーーーー!!!!(喜声)

 →マチダ、ステッキ!!

  はいーーーーーー!!!

 →復活したコウイチのステッキダンスをそりゃもー愛しそうに眺める。

 →そのしなやかな動き、端整な顔立ち…本物のコウイチだーーーーー!!!!



 ここまでイクと気持ちいいっす。

 しかしリカちゃんも結構負けてなかったよ今回!!

 

 ブロードウェイの公園のシーンでコウイチの足に寝そべってしがみついてたり、コウイチに近づこうとして頭思いっきり押さえられてたり・・・・そういうところがまた可愛いよね☆彡




 しかし今回なんか舞台上で二つのことを同時に見なくちゃいけないシーンが結構あって大変でした・・・あぁ・・・・別にマチダのところはさほどストーリーには関係ないけど、でもずーーーっとグラス見てるんだよ。で、そのうっとりした表情とかに客席、微笑だったよ。

 そう、MAだけじゃなくてステージ上にいる人たちの温度がとても高いような気がしました。

 だからコウイチが少しだけ引いている人間のように見えた。

 ジャパネスクの殺陣のシーンも、コウイチが叫ばなくても、周りの皆が声出して緊迫した空気を醸し出していた。去年もこんなだったかなぁ~~~今まで見た中で一番コウイチとカンパニーの温度が近い気がしました。




 ■コウイチ



 YOU前髪きっちゃいなよーーーーーーー!!!!!!!



 もーーーーコウイチが刺されたとこ!悲しさ、悔しさに歪む表情が前髪のお陰で全然見られなかった・・・・(T_T)

 トーマのようにピンで上げるとかまでしなくていいとしても、あそこの表情の変化を楽しみにしていたのでちょっと残念でした。

 ・・・・コウイチの言うことはどこか抽象的で簡単には分からない。私ももう何度もDVDや帝国劇場で見ているわけですが、やっぱり『オンの向こうに何があるのか?』『今立ち止まったらそこで終わりがきちまうんだ』の彼が意図している意味はぼんやりとしか分かりません。

 走り続けても分からない答えなのに、どうして走るんだろう。

 

 個人的に一番感動したのはドラムバトルでした。何故かここで一気に泣けてきた。光一さんがどれだけの努力をしたのか、真剣にパーカッションを叩く姿からバンバン伝わってきたから。

 そしてラダーフライング。2階席に飛び込んでました

 ・・・・・・・それ去年なぜやって下さらなかったんですかーーーーーーーー!!!!!!

 去年の私の2階席率どんだけだと思っているんですかーーーーー!!!!はぁはぁ。

 そのバックで太鼓を叩き続けるトウマとMA、そして日舞。。。。紐を使った舞踊。仮面の男の登場。

 この流れはとても幻想的で一目で好きになりました。光一さんにもやってもらいたかったなぁ~~~




 まぁ夜の海はイントロ聞いただけでパブロフの犬ですから。

 やはり帝国劇場で、EndlessSHOCKの今までの流れの果てにコウイチが踊る夜の海はただ『夜の海踊ったよ』では言い切れないものがありますね。そして最後に夜の海を踊りきったところで終にコウイチの命は尽き果てる。

 大桜の衣装に着替えて現れたカンパニーに夜海の衣装のまま倒れているコウイチが見つけられる。しかしカンパニーは驚きはしたもののショーはそこで終わることはなく、コウイチの亡骸には白い布が被される。



 

 トウマの踊っているオンブロードウェイへ行き、トウマの告白を聞き、混乱するトウマとそれを不安げに見つめるカンパニーとコウイチ。なんて幸せなシーンなんだろう・・・・と初めてそんな考え方をしてみました。

 だって、こんな混乱した場面でも彼らには未来がある。誰もリカがトウマを刺すなんて思っていない。

 しかしその瞬間、一番現実になって欲しくない悪夢的なシーンと変わる。



 コウイチは死んでいる。



 その原因であるトウマが一番取り乱していたのが印象的でした。トウマは自分のこの前へ進んでいない、ただ同じ場所に立ち尽くしている状況を打破してくれるのはコウイチしかいないんだって、そう思っていたに違いない。

 だから、リカに助けを求めているつもりでコウイチにもう一度叱咤して欲しかったんじゃないかなぁと。

 自分の今まで溜まっていた感情を吐露して、コウイチに怒られて、リカに呆れられて、そのことが自分が今までいたカンパニーに戻れるきっかけになると思ったのかもしれない。

 本当に独りでやれると考えているなら、コウイチをいつまでも自分のライバルだと思っていないでしょうし。



 「成長したなぁ・・・」

 ってあの場ではリカにだけ言えばいいと思うんですけどね。あそこのシーンでもっとリカだけに何か言ってあげたら、リカは多分それだけで救われるんだと思ったけど・・・というのは本当に個人的な考えです。





 あぁ・・・学芸員さんに作者が言ってないことを書いちゃだめだって言われたのに・・・・また勝手な妄想力が暴走し始めました。

 そうそう、今日から新しい写真が追加販売されたそうですね。

 そしてWS用のカメラとかが何台か入っていました。

 自分が保存版にしたい!!って思ったシーンでシャッター切ってる音があったんで「よしよし。」と思いました。

 しかしまぁほとんど撮っていたっぽいので、どうなるんでしょうね~~
スポンサーサイト

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。