--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.11.02

ドキドキドキっ!はいっこーちゃん☆


 今夜はこーちゃんパラダイス!!!

 ってもう2日も経っちゃたよ!!!!
 でもタイトルにしたかったんだよ(笑)

 ここ最近とてつもない忙しさでしたが、ようやく3連休にありつける(/_;)
 昨日徹夜してしまって今日はもう既に寝たいです。けど今日のどヤ!は新曲OAということで聞いた方がいいかなぁ~~新曲は良い曲だと光一さんが言っていたので期待してます・・・・けどまたスローバラードでどこかの異国、アジア系のにおいがしました。まぁ悪い曲じゃないですがsnowっぽいなぁ。

 あああ・・・・終わっちゃいましたね~~ミラコン。横浜は28日の昼夜と30日の昼夜に参加して来ました。気候のせいなのかな~いや、ここは横浜に集まるファンの熱気だったというべきだと思いますが横アリの中はかなり暑かったです。多分王子命令で飛んだり跳ねたり一緒に歌ったりキャーキャー叫んだり・・・そりゃ暑くなるだろという楽しいイベント盛り沢山で本当に素敵な時間でした。

 そしてオーラスの熱気は特に凄かったですね。という私も最後だし光ちゃん大好きだしってことでオープニングの光一さん登場から絶叫でした。暇さえあれば光ちゃん光ちゃん言ってたし、コンサート中にあんなに「光ちゃ~~ん!!」って叫んだのは多分初めて。ファンになってもうすぐ10年なのにね~~だってあれだけカッコイイダンスを踊っておきながらトークのときはホントもう究極に可愛くて・・・・堂本光一大好きだという気持ちがあふれ出て零れ落ちて大変でした。ちなみにオーラスの席はスタンド北のど真ん中、いやもう本当にど真ん中でした。多分ステージからは最も遠いんじゃないか?みたいな席でしたが、初めてこのミラコンの全体像を引きで見ることが出来てラッキーでした。けど引きは多分DVDで見られるだろうなぁ(笑)>>まだその情報ないから。
 そう、「光ちゃん大好き!!!」っていう気持ちが客席からもスタッフからもステージ上からもビシビシバシバシ伝わってくる・・・・この回だけは無礼講、まぁいいかなって感じで光一さんも許してくれてたような気がしました。もちろん光一さんたちは1公演1公演をその時その場限りの空間と分かっていて全力で良いものを見せてくれることが前提にあるからこそ、会場全体を光一さん大好き!な空間にさせるのはファンのテンションなのかなぁと思ったのですが。

 今回のコンサートは自分の楽曲をどう見せるか?ということに一番拘ったということで、逆に前回のコンサートは自分の集大成的なものでした。だからある意味今回は地味に見えちゃうかもしれない。
 という話は光一さんの最初のMCではもう決まり文句的になっていたし、最後のステージで「みなさんが自分の楽曲でこんなに音を楽しんでくれるとは思っていませんでした。」と光一さんが本音を漏らしていましたね。客観的にはDeepって絶対にカラオケで盛り上がる曲とかじゃないし、そういう楽曲が光一さんが作るものには多いかもね。本人が歌うからこそ良い!!というものが多いとは思いますが、別にミラコン地味だなとかはホント全く思いませんでした。多分その理由はmirrorの楽曲が潜在的にとても派手だからだと思います。派手と言ってもガンガンうるさい派手さではなくどの曲も一つ一つがとても独立していてその曲の中だけで物語が完成している。だから割とガッツリ世界観固めてステージングしなくてもナチュラルに歌うだけでも曲の良さが素直に自分の中に入って来たのかなぁ。外見もだけど中身が濃い!!という点ではmirrorの楽曲たちは作った人にとても似ています。

 何だろう・・・とっても洗練されたライブだったなという印象です。なのに一緒に騒げるところもあるし、MCではお客さんにさえいぢられちゃうとってもかわゆい人になっちゃうし、素の堂本光一を楽しむのはソロライブしかないな。。。。って割とキンキコンでもあの人フリーダムだけどね(笑)

 MCで印象に残っているのはね、あのタイトルですかね。アッキーーーーぐっじょぶっっ!!!!!!!というかもうMA+光ちゃんってさいこーーーーー!!!!だと思いました。そして光ちゃんがどうしてあんなにもアッキーが好きなのかが何となく分かりました。彼は隙がありすぎる(笑)そして抱きついたら抱きしめてくれるんだよ。アンコールの時のプラマイで町田さんに飛びついたこともありましたが、町田さんのタッパじゃ光一さんは受け止め切れていませんでした・・・残念町田!!でもどっちかっつーとポディション逆だからね町田さんは。乙女だからね町田さんは。
 30日1部MCより…
 光「今日で終わっちゃうなぁ~~町田さん。」
 町田「今日でライブが終わってもボクは光一さんにエンドレスラブです。」

 そんな町田さんのキャラも上手にいなしていて光一さんまた一回り人間がでっかくなっちゃったなぁとしみじみ思いました。

 そう、でっかいんだよあの人。身長は…だけど。(照明さんのおかげで大きく見せてもらえるらしい)でも100人以上いたらしいスタッフさんの思いとかそういうの全部「背負わせていただきます。」って言い切ってたもん。なかなか言い切れないし、私たち1万5千人のドキドキドキ♠も投げキッスも「受け取りました。」って言ってくれたし~~

 それになにあのドキドキハートを受け取る光一さん・・・めちゃめちゃ可愛かった。。。。ステージにいたダンサーさんもMAもみんなが光ちゃんに向けてハートを投げて、で、そのハートを抱きしめるように自分を抱きしめるこーちゃんが・・・・殺人的に可愛かったです。

 殺人的に可愛かったといえば。。。。。かさーーーー!!!!しゃわーーーーー!!!!ぎゃーーーーーー!!!!!
 あれはもう初回特典にすべきでしょ!!しょ!!しょ!!しょ!!!
 大阪での奇跡が横浜でも!!最後にあれが来たときの会場の悲鳴と歓声も凄かったです。つかシャーベットにかじりついたり手羽先を差し出したりしてるお写真もとっても可愛かったです。あのアングルからしてカメラマンは写真を撮る前とか後にはめでたく光一さんの上目遣いが見られたんだろうなぁ・・・ちっ!秋山め(笑)あの子の上目遣いは犯罪的に可愛いんだ~~~!!!
 けどあのシャワーショットを撮らしてもらえる、撮れるようなポディションにいるマネージャーさんは凄いね。きっと秋山・長瀬系の癒しキャラなのかな・・・・とかあの短い間に色々な妄想が頭の中をかけめぐりましたすいません(笑)

 横浜では自分は高校生のときに修学旅行に行けなかった。だから今回MAとホテルでワイワイ騒げるのが本当に楽しいって何度も言ってました。一番はしゃいでるの光一さんですしね~~なんてアッキーにも言われていたけど、なんかこういうこと言ってる光一さんが愛しくてしょうがないです。ちょっと遅めにやってきた青春を今一所懸命謳歌しているのかなぁ~~だから実年齢に似合わないくらい可愛いのかな。幼いのかな。
 真面目なのにどーでも良くなったり、天邪鬼なのに誠実だったり、なんでこうも正反対の性格が混在しているんだろう~光ちゃんのギャップにマジ萌えでした。

 けど会見中の光一さんのクールさはまぎれもない大人の男でした。タンドリーチキン・・・エンドリケリー・・・似てるか?・・・感じがか??(笑)

 新聞はトーチュウが相変わらず絶好調に神でした。デイリーはね、9万人って書いたところが問題点☆彡
スポンサーサイト

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。