--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.04.09

命の吹き込み方。

 獣王星のアフレコに樹さんもいらしてたみたいで、その時のお話がご自身のHPにアップされていました。
 多分光一さんよりも年上であろう監督さんが無表情(というよりはキャラクターを真剣に考えられていたんだよきっと)な光一さんに理解してもらおうと一生懸命シチュエーションを説明していたのでしょうねぇ。
 そして「丁寧な説明ありがとうございます。」と自分の質問の前に一言お礼を入れるんだぁ~~光一さんは。その言葉にほっと胸をなでおろす監督さんのご様子が目に浮かびます(笑)

 自分とトールの年齢差をどう埋めたら良いのか?声の出し方はどうしたらいいのか?きっと脳内で何通りもの声をシミュレーションしてどれが合うのか?というのを監督さんと話されたのかなぁ・・・・是非他のレパートリーも聞いてみたい♪♪
 アニメという今まで出会ったことの無いジャンルの方々との交流も、きっと光一さんの財産の一つになるんだろうなぁと思うとこちらが勝手にドキドキしちゃいます。この経験は次は一体何に生かされるんだろう??>>気が早いって(笑)
 
 ところで獣王星完全版の第2巻も買いましたが、前書きも後書きもなかったよぉ・・・・それを楽しみにしていたのにorz

 昨日は黒づくめのカッコで堂本さんが明治座に現れたそうです。去年も今年も見に行くとは、『あずみ』みたいなお話好きなのかな?・・・って好きそうだよね、ストーリーも演出も。
 『あずみ』の殺陣と『SHOCK』の殺陣は見せ方が違うから簡単に比較はできないと思うけど、ある特定の人物だけをカッコよく見せるなら『あずみ』の殺陣でしょうねぇ。とーま君の刀クルクルはカッコよかった。まぁ多分彼ら並みに剣の達人になれば刀をステッキのように自由自在に操れるようになるに違いない。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://navi.blog2.fc2.com/tb.php/352-236e8369
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。