--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.01.12

これがボクの舞台です。

 今日届いた会報を読んで何となくぐっときました。
 光一さんは今までSHOCKが何度となく再演を続けられたことの一つに作品としてのストーリーの魅力もあると考えていたんだ。それが徐々に彼にとってどこか違和感になっていたのかな~~これは先輩のミュージカルなんだ。何度上演できて高評価を得ることは単純に嬉しいけどどこか満ち足りない。その理由にこれが偉大なる先輩の作品であったというのもあったのかも知れないですね。
 だからいつか「これはボクの舞台だ」と胸張って言える様なミュージカルをやりたかったんだなぁ~~今初めてそんな光一さんの気持ちに触れることができた気がしました。

 そして「Endless SHOCK」が光一さんの答えなんですね。前だけを向いて、自分に正直に、ひたむきに努力してきた結果SHOCKをリニューアルできる機会と実力を蓄えた光一座長が渾身の思いで作り上げた現在と過去の素晴らしき結晶が「Endless SHOCK」なんだと思いました。

 稽古場での座長は先頭に立ってカンパニーをまとめていました。入り口付近には稽古を録画するビデカメもあったし、多分これ毎回ずっと回しっぱなしにしてるんでしょうね~~録画した稽古風景を稽古終わりに確認するんでしょうね。まるでジャンプシュート1万本合宿中の桜木花道のように。>>なぜ例えが漫画??

 そう言えばSHOCKに毎回参加されているダンサーさんの日記を読んだんですけど、その方30日のキンキコンに参加されてたみたいでその感想をアップしてました。そこに「さすが座長はカッコイイな~~」みたいな言葉があったんですよね。別にジャニーズとは何も関係ない人なんですよ??そんな人がぽろっと言ってくれる彼への尊敬の言葉がとても嬉しかったです。

 また稽古場での座長の話しますけど、その時の光ちゃんの表情は何も気負いがなくて飄々としてました。けど確かな自信があった気がします。この人一倍華奢な人が座長なんですから。そして例えテレビに出る姿がすっぴんだろうと、頭タオルで巻いていようと関係ない。もちろんそれでも全然カッコいいんですけどね。きっと自分の見た目なんて彼は本当に全然気にしてないんだなぁ・・・・「ユー少しは気にしなよ!!」って言われて初めて「はいはい。」って鏡に向かうような人だと思うわ。
 やはり男は中身!!カンパニーの雰囲気もすんごく良さそうだった・・・と思うのも中身のでっかい男についていけば何の不安もないんだということが分かっているからなんだろうな~~

 アッキーやつばっちのコメント聞いてお腹グリグリしちゃう座長はメチャメチャお茶目で可愛かったです~~っていうかあんな子が上司なんてさ!!なんて素敵な職場なんだろう(笑)けど妥協しない鬼上司なんだろうな~~とも思うけど。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://navi.blog2.fc2.com/tb.php/269-9b7a59e1
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。