--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.11.16

ボクはキミを探していたんだ。

 では感想を・・・しかしどれも直感ですので。

 1.Arabesque ~千夜一夜の夢~
 この曲はイントロが大好きです。コーラスの光一さんの
 「I'm looking for your hand. You're looking for my hand.」
 -ボクはキミの手を探している。キミはボクの手を探している。-
 -そして二人は惹かれあう。何千の孤独な夜を超えて・・・・-
 ・・・って勝手に脳内でストーリーを展開できる声なんですよ。もちろん曲の旋律もかなり個人的に好みなんですが、多分わりとみんな好きな曲だと思う。どんなアルバムでも最初の1曲目って大抵の場合アルバムの顔というかこの作品の流れはこういう感じだよ~~っていう目安になると思うのですが、これは正解だと思いました。のっけからぐっと捉まれた。まさに幾何学模様のように上下左右へ広がっていく彼らの世界の扉を開いた感じ。

 2.Anniversary
 
 3.恋涙
 言わずもがな、KinKi Kidsの競作であります。『愛かた』の第2弾のようなノリで、正直女言葉はなぁ~~男の人が書いている時点で詞が100%フィクションじゃないですか。まぁ剛さんの感性は自他共に認める女性よりな訳ですが・・・
 旋律は光ちゃんがぱっと思い浮かんだものを曲にしたそうです。前にも書いたと思いますが、何だか一昔のトレンディードラマのテーマソングみたい!!なんて当時ろくにドラマなんて見ちゃいないのにそう感じました。キャッチーで耳に残る曲と耳に残る歌詞。かなりアクが強い作品かと。

 4.【AOZORA】
 やべ!き○と同じ感性かよ!!(笑)結構淡々と歌い進めていく感じに聞こえるけどかなり声量がいると思うこの曲。ミュージカルでも歌える感じで結構好き。今飢えてるからさ(笑)作詞の人が構成作家さんだそうで・・・うわぁ~~作家さんてこんなことも出来るのね☆

 5.キミハカルマ
 好きです。可もなく不可もなく、ハモリが気持ちよい曲です。いつもは私は曲しか聞かないのですが、歌詞が輪廻的な愛を歌っていてこういう運命みたいな感じってステキだなって思いました。
 
 6.Love Me More 
 はーい光一さんのソロ曲来ましたよ!!今回は遂に自分の声を楽器同様にアレンジされています。20人のオレがいる・・・うわぁ~~一人欲しい(笑)
 ご本人が作詞も作曲もされてないので、これはコンサートでどういうアレンジにしてステージ上で表現するのかなぁ~~ということをメインに考えながら聞いてます。

 7.Breath
 これは初めて聞いたとき歌詞とか曲とかからもしかして自作かな~~なんて思ったんですが、河口さんの提供曲だそうで。感性が近いのかしら??終わり方がぐちゃぐちゃって感じでクセになります(笑)

 8.WATER SCREEN -theme of H-<Instrumental>
 インストを入れたのはオリジナルアルバムでは初めての試みですよね??でも聞いた途端「あぁ~~イベントで流していたあの曲だったんだぁ。」って思いました。コンサートのオープニングはこれかなぁ??
 イベントの話になりますが、「bigi」って光一さん自分のソロコンで使っていましたね。『My Truth』の女性の叫び声の時の城の映像とシンクロする部分があってちょっとドキッとしました。しかしこういう技術どこで知るんだろう??オレだったらこうやって使うな・・・って常にそういう目線で見てるのかな。さすが根っからの仕事人。物事の見方が違うんだろうなぁ~~

 9.ビロードの闇

 10.ダイヤモンド・ストーリー
 はい・・・こんなロックな曲だとは思いませんでした。曲が始まったら思わず曲順確認しちゃったもん(笑)いつものアルバム収録曲ならこの手のタイプは飛ばすのですが、Hのこれは何故か最後まで聞いてしまう。それだけ後を引くというか、うーーん・・・ありきたりだけどちょっと違う。気になってしまうなぁ。って感じかな。必ず一曲は入る、1番→つよオンリー2番→光ちゃんオンリーパターン。

 11.駅までは同じ帰り道
 ごく普通の片想いに焦がれる男性の感情を久保田さんが歌詞にしています。久保田さんといえば光ちゃんのお好きな歌詞作家さんで、硬い言葉を上手く使いこなして神秘的な歌詞を書く方かと思っていたらそれだけじゃないんですね~~自由自在なんだ。やっぱりこれでご飯食べてるんだもん(笑)

 12.未完のラブ・ソング
 これをコンサートでバンドバックに生歌で歌われたら確実に堕ちるな・・・と今から恐れをなしている曲です。というかGajinさんがかなり肩に力入れて作ったんじゃないかと思われます(笑)だってすっごいアレンジだもん。結構日常的な歌詞なのに、旋律が相反して神々しいというかコーラスが重厚だし・・・もっとリラーックス。でもこういうの絶対弱いっす・・・またしてもき○ちに見抜かれてしまった・・・_| ̄|○

 13.99%LIBERTY
 今回KinKi Kidsのイチオシ曲ですね。ラジオで聞いた時にはピンと来なかったんですけど、先日の兄弟で聞いた時に「・・・あれ??」と思い、アルバムを購入して聞き込むほどに何故か深くはまっていました。
 「サイアクだアナタは。」とか「もうズタズタ。」とか・・・なんだろう、キュンキュンくる言葉遣いと光一さんの息遣い。そしてKinKi Kidsの絶妙なハモリとか・・・色々なところをツンツン刺激されている感じです。
 プロモの方は実写サイコーーー!!!でございました。蝋燭に近づきすぎてあついなっ!って感じに眉間にしわ寄せて顔をしかめているはずにそのお顔すら美しいという光一さんのビューティーポテンシャルにやられました。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://navi.blog2.fc2.com/tb.php/210-a9d779c5
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
 99%LIBERTYは唸ってしまったわ!だけど、ビロードの闇をシングルカットしたのもなんとなくわかるなぁ…。
Posted by リデル at 2005.11.17 00:57 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。