--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.09.16

声のお仕事は

 ・・・また見逃してしまった。鋼の~~~~ぉ。
 まぁビデオで録ってあるから探せばいいだけなんですが、もう移行もめんどうだしDVDまるっと買っちゃおうか??買って損なんてないし。
 しかも再放送もうすぐ「別れの儀式」だもん~~あれは見逃せないって。あれ見てマジ「ボンズ最高!!グッジョブ!!」と涙ながらに思った当時の私。彼の声は今までは”さえないサラリーマンひろし”でしかなかったのですが、もちろんひろしは優しいし良いお父さんだし、ちょっと気が弱そうだけど、そのイメージのまんまの声をしている方だとは思っていましたが、ヒューズという役を通して一気に私の中の素敵な声優さんランキングにランクインしてきましたからね。しかもヒューズ以降かなりダンディーでカッコイイ役を演じる機会が増えてるような気がしますが・・・どうですか藤原さん??
 それは大川さんにも言えることですけどね。多分原作がジャンプ系のアニメだったらロイ役は絶対に置鮎さんになってたはず(笑)けどさすが毎日放送~~~ウズミで正解です。バリューフェルドがスカーで正解です。大川さんのエロボイスが大佐にこんなにはまるなんて思ってなかったよ~~大人で冷静な感じがロイにどんぴしゃかと思いました。それが堪能できたのが映画でのこのシーン。北方の小さな山小屋の中でハボックたちに
 「私が愚かだったばかりに命を落とした者たちの姿が浮かんでくる。こちらの目に。」 
 と言うところがあるんですけど、そこで眼帯を付けたほうの目を左手でそっとおさえながら呟いたのですよ。その「こちらの目に」と付け加えた時の声がさいこーーーーーっっ!!なんです。
 おまけにそこのシーンはもちろん大佐の顔のアップな訳で・・・そういや大佐は大画面アップが多かったなぁ(笑)
 鋼で印象的な話はその「別れの儀式」と「合成獣の啼く夜」です。十字に血が飛んでいようとあれはストーリーとしてとても引きつけられ衝撃を受けましたから。別れの儀式も30分の映像作品として製作側がすごく思いを込めて作られているなぁ~~と思いつつ見れました。まぁこれもまた再放送見た後に語りますから(笑)それまでに別のニウスが飛び込んでいなければの話ですがね。

 運命のコンピボックスが凄かった。かなりの豪華さ。かなりのお値段。そこまで高いんですか?!って思ったけど、まぁ買います。とりあえず運命のOPとEDが好きな曲ばかりなんで。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://navi.blog2.fc2.com/tb.php/143-bf78e898
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。