--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.11.18

"Addicted to YOU"

 
 キンキのシングル発売にアルバム発売も決まり、あぁ・・・冬が来たなと感じる今日この頃です。けど私自身冬の朝のあの凛とした冷たい空気が大好きですし、何より王子の全身全霊をかけた舞台が始まるのは冬ですから。嫌いな訳ありませんよ。けど今年はわりと生王子を見る機会があったので良かったです。例年のような猛暑じゃなかった・・・涙。
 まだシングルもアルバムも予約してないのですが、アマゾンだとラバーバンドの色選べないですよねぇ・・・・どーせなら赤がいいです。でも20時に閉店じゃそれまでにお店に取りに行けない・・・悩ましいなぁ。アルバムも初回版はDVDが付きますしその中に妖精なPVも入っている訳ですから買わないわけはないんですけど、通常・・・どうすんべ。フォトブックは欲しいしきっとコンサートでは歌うんだろうしなぁ・・・
 しかしもっと悩ましいのはハーモニに全くピンとこないところですよ。SNOW!SNOW!SNOW!はカップリングの曲もどれも素晴らしいし表題曲も大好きで何回聞いても飽きない曲でしたが、今回のものはうーーん。。。。あまり好みじゃない、夏模様同様無難な感じですよね。孤独の街角が一番聞いていてドキドキするんですが、これも今回のもので言えば??って感じです。

 光一さんのソロコンが終わって、プレスが入った横アリ30日1回目の記事がテレビ誌とオリスタを席巻してますね。私が買ったのは先週のテレガイと今週のテレぴあとオリスタでした。しかしテレガイ・・・・どうした?!そのぶっとんだ記事!!!もともとテレガイはそういう傾向があったとは思ってたけど・・・凄い凄いホント凄い。これを公にしちゃってるところがホント凄い。勇者な記者に乾杯!!
 で、テレぴあ。好きですこのテキスト。きっとSHOCKの連載の時記事書いていた人と同じ方が文章書いているんでしょうけど、この無駄に難しい漢字の語句を使いたがるところとか大好き♪♪
 『シンプルでありながら派手』――――――――――――そうなんだよね。光一さんって存在自体すっごく目をひくのに何事にもさっぱりしてるんだよね。
 あと写真のチョイスが自分好みです。Nの下弦の和傘持ってるところとかOの夜海で満月をバックにダンスしているところとか・・・・切り取って残しておきたいと思うシーンをばっちりセレクトしてくれててやっぱりテレぴあは良い仕事する!!!と思いました。Fの巨大目とかDの笑顔とか・・・クールだったりキュートだったりめまぐるしいんだよこの子っ!!!
 「今日は朝からナチュラルハイです。何が起きてもしらねーぞ!!」は買った3誌どれにも載せてあった王子の言葉ですけど・・・・この挑発してる感じに私たちはフッッフーー!となるのでしょうか?きっとなるのでしょう。オリスタはもう前情報で素晴らしいことは知っていたのですが(笑)いいですね~~この躍動感。『Deep~』でこのシーン写真に収めてるのとか初めて見ましたよ。あと『Addicted』もまさに今しかない現在を切り取ったって感じで素敵素敵。『One more XXX...』のステッキ持てるのもこんなにバッチリと。片方だけにしてるグローブがかなりポイント高しでしたなぁ。やっぱりこちらも長いこと追っかけてくださってるだけありますよね。ありがとうございます。これからもごひいきに。

 キンキコンは30日と元旦に参加します。それまでにはアルバムも聞き込めることでしょう。そしてSHOCKに関しては・・・・・
 あぁ・・・なんかジャパネスクの合戦が戦国テイストから幕末テイストになってたらどうしよう。コウイチのペンダントを受け取った後のリカが『追憶の雨』を歌い出したらどうしよう。『夜の海』の前に『下弦の月』を歌い出したらどうしよう。亮と翼のダブルキャストもしくは全く違う後輩が投入されたらどうしよう。。。。現実が見えずに妄想ばかりが先行する自分にどうしよう。

スポンサーサイト
Posted at 16:01 | mirror | COM(0) |
2006.11.06

×1/4πiぐらいな感じ。

 今日であのミラコンオーラスから一週間経ってしまいました。
 時の流れはどうしてこんなにも早いのでしょうか。
 と言ってもあのミラコンツアーの目くるめく甘美な日々を思い出せばあと2ヶ月くらいは満ち足りた気持ちで日常を過ごせる自信があります。
 ・・・光一マジックが切れかけたところでキンキコン、そしてEndlessSHOCKの日々が始まる。なんて素敵なサイクル!!!!!!!
 あぁ・・・・SHOCKにおいては皆さんのレポ頼みですので(笑)去年はホント出来すぎだった。しみじみ。

 けど昨日久しぶりにEndlessSHOCKDVDを見ましたが、やっぱこれ見ちゃうとヤバイよね。久しぶりに1部の最後でブルブル震えちゃったよ。この作品は間をおくと自分の中の気持ちがリセットされてまた新たに涙腺および色々な器官を刺激してくる作品なんですね。
 個人的にはやっぱり死オチってちょっとずるいと思うんですよ。だって死んだら泣くしかないじゃないか!!!って。たとえ光一さんが『死の先にあるもの』の大切さをテーマにおいているのだとしても、そしてそのテーマこそが言いたいんだっていうのは分かっているのですけれど。。。。けどコウイチが死んだら泣くしかないじゃないか!!!
 ちなみに友達なんて横アリで夜海聞いただけで「これ聞くとコウイチが死んじゃうんじゃないかって思えてぇぇ・・・・」と言いながらメソメソしてました。でも多分多くのショッカーがメソメソしちゃうよあの下弦→夜海の演出は。私も心の中じゃ大号泣だから。夜の海の盛大なイントロ聞いただけでたとえそのステージがサンドームであろうとグランディ21であろうと横浜アリーナであろうと帝劇になったから。

 そしてえらく光一さん成長されましたなぁ~~~とアカペラに近い愛の十字架を聞いてさらに感動でプルプル震える。そんな感じであの3曲の流れは私的最強ラインでした。

 あれ?またlook upon to ミラコンになってる。そういえば続きって書いておいて昨日続いてなかった。。。。。。。。m(_ _)m

 昨日は1/2のDVDも見たのですが、mirrorと比べるとホントこっちは色物集めてます。今までの堂本光一の集大成だ!!!!!と思いますね。色々本当に工夫を凝らしている最強のエンターテイメント。何でもあり!!!!だったなぁと改めて感じました。
 そしてミラコンは同じ人間から生まれたエンターテイメントなのにまたワンハーフとはかなりベクトルの違う位置にある作品ですね。ホントこの人はその気になれば色々な方向に自由自在にベクトル変えられるんでしょうねぇ~~
 でもあのミラコンも最初から横アリ並みのまとまり感と勢いがあったのではなく、いろいろな場所を回って試行錯誤やらを積み重ねた結果、あのテンポの良いステージングとテンポの良い、だけど可愛いところ満載のMCが生まれたのだと思いました。いやもうホント光一さんはお客さんまとめて引率するの大変だったと思います。ご苦労様でした。「ちび」とか「はげ」とか言われてね。自分のファンの子なんだからもっとおだてられても良いはずなのにね(笑)
 けどお客さんにいぢられる、お客さんに「でぶ!!」とか言えちゃう雰囲気は行き過ぎなければ個人的にはSっぽくて大好きなんです。

 堂本光一とファンの『喜』を集めた1/2、『哀』を集めたEndlessSHOCK、そして今回のミラーは何なんだろう。私的には『スタイリッシュ』って言葉がしっくりくるのですが、せっかく喜怒哀楽でまとめたかったのにぃ・・・・まぁいいです(笑)

 町田さんの万華鏡が・・・・ホント町田さんは光一ファン代表だよ!!!
 (T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)
 でもワンハーフと比べてミラコンではMAはMC中それぞれの個性が分かるくらいにちゃんと前に出てお喋りしてくれてましたね。それだけ座長との距離がなくなったんだと思いました。それにこの後きっと座長はFAMEも見に来てくれるでしょうし、キンキコンも出るのかな?Endlessは出るのはもう確定でしょうから・・・・・ずっと一緒じゃんか!!!
 町田さんと光一さんの距離が短くなっていくのを見ているのもミラコンでの幸せのうちの一つでした(笑)最後のMAみんなで光一さんぎゅーーーってしてるのがもうなんとも言えず微笑ましかったです・・・・なにじゃれあってるんだこの遅咲きの高校生たちはっっ!!!
Posted at 16:04 | mirror | COM(0) |
2006.11.05

look upon to mirror tour



 △本日は晴天なりサンドーム福井。ミラコン初参加にしては結構個性的な場所での巡り会わせとなりました。。。。だってあのセットリスト見ちゃったら絶対横浜まで待てないし!!かといって名古屋や大阪のチケもないし・・・・けど慌てることなくグッズも買えたし近場の建物の中で開演前までゆっくり椅子に座りながらあんなにじっくりパンフも読めたし、これはきっと横浜ではできない経験でした。
 唯一の円形構造でどこから見ても近い!!って感じられるような建物でした。場所の印象で言えば”スンドメ福井”はもうピカイチに忘れられない名前です。



 △見渡す限り360度を緑に囲まれた仙台体育館。けど近いうちレミオロメンも同じ場所でライブやるみたいだし、結構仙台ではメジャーな音響施設なのかもですね。実はリハーサルの音がかなり聞こえました。本番前の入念なバンドの音チェックとか、聞こえるだけでドキドキするしテンションは無駄に上がるし!!!!
 ちなみに仙台で披露された写真はアッキーのシャワータイムの盗撮でした。
 といってもそんなにドキドキするものはなく、パンツ姿のアッキーとか頭ブルブル振ってるアッキーとか。。でその犯人は光一さんだったわけですが、本人に気づかれないようにわざわざフラッシュを切って撮影。手が込んでます(笑)逆が見たかったって半数以上のお客さんおよび町田氏は思っていたことでしょう。あ、今日は町田氏の万華鏡じゃん!!どんなポエム書いてくれるのかな~~♪♪



 △横アリに出現なさった、キンキコンでは風船の人形となって飾られているオブジェですね。お花をくれた方々のお名前が書いてありました。このオブジェの周りにはちゃんと赤い縄で近づけないように隔離されていたのですが、その縄からさらに1メートルくらい離れて皆さん撮影されていました。なので私も何故か1メートルくらい離れたところから写メ(笑)福井も仙台もJEからのお花一つだけしか飾られていなかったのでこれ見て必要以上に感動してしまいました。。。。
 28日の1回目だけはありませんでしたが、それ以外ではダブルアンコールで光一さんが出てきてくれました。「光ちゃん!!ちゃっちゃっ!」の手拍子は声が出しやすいし割と合わせやすいですね。でも28日の2回目はそれがかなりバラバラで「来て欲しいんだったらもっとみんなで合わせて!」と怒られましたが(笑)というかこの回のお客さんと光一さんの関係が”やんちゃな生徒VS一歩も引かない教師!”のようだなぁと思いました。でもやんちゃだからこそそのパワーが一つに結託すると凄いよね。フリ指導のときも文句ばっかで「今日はやめようか。そんな日があってもいいと思う。」とか光ちゃんに言われたり
 秋「やりたいの?そのわりにはみなさん文句多いですよ~~」
 光「だから女って我儘なんだって。」
 とアッキーと光ちゃんが女性の我儘話で意気投合しちゃったりしたけど
 光「今日はみなさんのお陰で良い夢見れそう。」
 って最後には光一先生も喜んでおられました。ふぅ~



 △オーラス前の横浜上空。上弦の月がビルとビルの間にキレイに出ていました。昔から変わらないものと変わっていく都会風景、動と静が一同に存在する都市の不思議。
 とりあえず幻想的だったなぁ~~といつも以上にそういう感覚が敏感になっていたので写メしたんだと思われます。これが下弦だったら!!!と思うけど、多分下弦の月がこんなに高く上がっているときにコンサートとをするなんて軽く無理でしょう。

 オーラスでは必要以上に何回も「ここにいるお客さんだけとの時間を楽しみたいと思います。」と言っていたような気がしてそのせいもあるのでしょうけれど”だけ”というフレーズが凄く心に残りました。なんかキザだなぁ~~って。
 光一さんが作詞したわけじゃないけれどもmirrorの楽曲の歌詞で一番印象的なのが愛の十字架の”永遠に貴方だけ”だったので、なんかそれとこの最初の挨拶の光一さんの言葉が被ってるな~~協和しているなぁと思いました。光一さんに”だけ”って言われるのは非常にドキドキします。けどその頻度は絶対に高いと思う。薄荷も”君だけ~”って歌ってるし。

 「みなさんこれからも付いて来て下さい。」
 「こんな男の為に集まってくださってありがとうございます。」
 とか、ねぇ~今更だよぉ。と思ったり、けどこういう言葉ちゃんと言われると何かもうステージ上に駆け上がって光一さんぎゅーっとしたくなりますよね。まぁ間髪入れずに警備員につまみ出されるんでしょうけど。

 続く。。。
Posted at 16:08 | mirror | COM(0) |
2006.11.02

ドキドキドキっ!はいっこーちゃん☆


 今夜はこーちゃんパラダイス!!!

 ってもう2日も経っちゃたよ!!!!
 でもタイトルにしたかったんだよ(笑)

 ここ最近とてつもない忙しさでしたが、ようやく3連休にありつける(/_;)
 昨日徹夜してしまって今日はもう既に寝たいです。けど今日のどヤ!は新曲OAということで聞いた方がいいかなぁ~~新曲は良い曲だと光一さんが言っていたので期待してます・・・・けどまたスローバラードでどこかの異国、アジア系のにおいがしました。まぁ悪い曲じゃないですがsnowっぽいなぁ。

 あああ・・・・終わっちゃいましたね~~ミラコン。横浜は28日の昼夜と30日の昼夜に参加して来ました。気候のせいなのかな~いや、ここは横浜に集まるファンの熱気だったというべきだと思いますが横アリの中はかなり暑かったです。多分王子命令で飛んだり跳ねたり一緒に歌ったりキャーキャー叫んだり・・・そりゃ暑くなるだろという楽しいイベント盛り沢山で本当に素敵な時間でした。

 そしてオーラスの熱気は特に凄かったですね。という私も最後だし光ちゃん大好きだしってことでオープニングの光一さん登場から絶叫でした。暇さえあれば光ちゃん光ちゃん言ってたし、コンサート中にあんなに「光ちゃ~~ん!!」って叫んだのは多分初めて。ファンになってもうすぐ10年なのにね~~だってあれだけカッコイイダンスを踊っておきながらトークのときはホントもう究極に可愛くて・・・・堂本光一大好きだという気持ちがあふれ出て零れ落ちて大変でした。ちなみにオーラスの席はスタンド北のど真ん中、いやもう本当にど真ん中でした。多分ステージからは最も遠いんじゃないか?みたいな席でしたが、初めてこのミラコンの全体像を引きで見ることが出来てラッキーでした。けど引きは多分DVDで見られるだろうなぁ(笑)>>まだその情報ないから。
 そう、「光ちゃん大好き!!!」っていう気持ちが客席からもスタッフからもステージ上からもビシビシバシバシ伝わってくる・・・・この回だけは無礼講、まぁいいかなって感じで光一さんも許してくれてたような気がしました。もちろん光一さんたちは1公演1公演をその時その場限りの空間と分かっていて全力で良いものを見せてくれることが前提にあるからこそ、会場全体を光一さん大好き!な空間にさせるのはファンのテンションなのかなぁと思ったのですが。

 今回のコンサートは自分の楽曲をどう見せるか?ということに一番拘ったということで、逆に前回のコンサートは自分の集大成的なものでした。だからある意味今回は地味に見えちゃうかもしれない。
 という話は光一さんの最初のMCではもう決まり文句的になっていたし、最後のステージで「みなさんが自分の楽曲でこんなに音を楽しんでくれるとは思っていませんでした。」と光一さんが本音を漏らしていましたね。客観的にはDeepって絶対にカラオケで盛り上がる曲とかじゃないし、そういう楽曲が光一さんが作るものには多いかもね。本人が歌うからこそ良い!!というものが多いとは思いますが、別にミラコン地味だなとかはホント全く思いませんでした。多分その理由はmirrorの楽曲が潜在的にとても派手だからだと思います。派手と言ってもガンガンうるさい派手さではなくどの曲も一つ一つがとても独立していてその曲の中だけで物語が完成している。だから割とガッツリ世界観固めてステージングしなくてもナチュラルに歌うだけでも曲の良さが素直に自分の中に入って来たのかなぁ。外見もだけど中身が濃い!!という点ではmirrorの楽曲たちは作った人にとても似ています。

 何だろう・・・とっても洗練されたライブだったなという印象です。なのに一緒に騒げるところもあるし、MCではお客さんにさえいぢられちゃうとってもかわゆい人になっちゃうし、素の堂本光一を楽しむのはソロライブしかないな。。。。って割とキンキコンでもあの人フリーダムだけどね(笑)

 MCで印象に残っているのはね、あのタイトルですかね。アッキーーーーぐっじょぶっっ!!!!!!!というかもうMA+光ちゃんってさいこーーーーー!!!!だと思いました。そして光ちゃんがどうしてあんなにもアッキーが好きなのかが何となく分かりました。彼は隙がありすぎる(笑)そして抱きついたら抱きしめてくれるんだよ。アンコールの時のプラマイで町田さんに飛びついたこともありましたが、町田さんのタッパじゃ光一さんは受け止め切れていませんでした・・・残念町田!!でもどっちかっつーとポディション逆だからね町田さんは。乙女だからね町田さんは。
 30日1部MCより…
 光「今日で終わっちゃうなぁ~~町田さん。」
 町田「今日でライブが終わってもボクは光一さんにエンドレスラブです。」

 そんな町田さんのキャラも上手にいなしていて光一さんまた一回り人間がでっかくなっちゃったなぁとしみじみ思いました。

 そう、でっかいんだよあの人。身長は…だけど。(照明さんのおかげで大きく見せてもらえるらしい)でも100人以上いたらしいスタッフさんの思いとかそういうの全部「背負わせていただきます。」って言い切ってたもん。なかなか言い切れないし、私たち1万5千人のドキドキドキ♠も投げキッスも「受け取りました。」って言ってくれたし~~

 それになにあのドキドキハートを受け取る光一さん・・・めちゃめちゃ可愛かった。。。。ステージにいたダンサーさんもMAもみんなが光ちゃんに向けてハートを投げて、で、そのハートを抱きしめるように自分を抱きしめるこーちゃんが・・・・殺人的に可愛かったです。

 殺人的に可愛かったといえば。。。。。かさーーーー!!!!しゃわーーーーー!!!!ぎゃーーーーーー!!!!!
 あれはもう初回特典にすべきでしょ!!しょ!!しょ!!しょ!!!
 大阪での奇跡が横浜でも!!最後にあれが来たときの会場の悲鳴と歓声も凄かったです。つかシャーベットにかじりついたり手羽先を差し出したりしてるお写真もとっても可愛かったです。あのアングルからしてカメラマンは写真を撮る前とか後にはめでたく光一さんの上目遣いが見られたんだろうなぁ・・・ちっ!秋山め(笑)あの子の上目遣いは犯罪的に可愛いんだ~~~!!!
 けどあのシャワーショットを撮らしてもらえる、撮れるようなポディションにいるマネージャーさんは凄いね。きっと秋山・長瀬系の癒しキャラなのかな・・・・とかあの短い間に色々な妄想が頭の中をかけめぐりましたすいません(笑)

 横浜では自分は高校生のときに修学旅行に行けなかった。だから今回MAとホテルでワイワイ騒げるのが本当に楽しいって何度も言ってました。一番はしゃいでるの光一さんですしね~~なんてアッキーにも言われていたけど、なんかこういうこと言ってる光一さんが愛しくてしょうがないです。ちょっと遅めにやってきた青春を今一所懸命謳歌しているのかなぁ~~だから実年齢に似合わないくらい可愛いのかな。幼いのかな。
 真面目なのにどーでも良くなったり、天邪鬼なのに誠実だったり、なんでこうも正反対の性格が混在しているんだろう~光ちゃんのギャップにマジ萌えでした。

 けど会見中の光一さんのクールさはまぎれもない大人の男でした。タンドリーチキン・・・エンドリケリー・・・似てるか?・・・感じがか??(笑)

 新聞はトーチュウが相変わらず絶好調に神でした。デイリーはね、9万人って書いたところが問題点☆彡

Posted at 16:11 | mirror | COM(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。